南紀勝浦温泉 ホテル浦島 山上館

大自然のパノラマ 天海の館 山上館 緑深き紀伊の山々、眼下に見下ろす紺碧の海、
はてしなく続く水平線
山上館は自然の美しさをご堪能いただける館です。
眼下に広がる山海は絶えず表情を変え、
その豊かな美しさに心を奪われます。

scroll

山上館の歴史

昭和31年創業当時のホテル浦島は、木造2階建ての
小さな温泉旅館でした。

創業者・浦木清十郎が手がけたこと…

それは宿泊施設の増改築工事と狼煙山の開発でした。

昭和34年末に狼煙山へケーブルカー敷設工事に着手、
昭和368月に営業を開始。狼煙山からの雄大な
海と山の景色は多くの人に感動を与えました。

次にそんな特別な場所・狼煙山山頂に宿泊施設を
建設することでした。

吉野熊野国立公園内であることや資材の運搬、工法
など諸々の問題を抱え難工事の末、昭和425月、
「山上館」が完成しました。

さらに平成5年には、ケーブルカーの軌道跡に
全長154mのエスカレーターが設置され、より一層
便利になりました。

創業者・浦木清十郎は、素晴らしい狼煙山からの
眺望と温泉という自然の恵みに常に感謝しながら
開発に力を注ぎました。

自然の恵みに感謝するという不易な教えと時代に
合わせて新しいものに変わっていくという創業者の
「不易流行」の考えが『山上館』そのものなのです。

そんな特別な場所だから、お越しいただく皆様に
特別な時間を過ごしていただきたいと願っています。

昭和42年頃 山上館、赤島館建設中
昭和42年頃 山上館、赤島館建設中
昭和41年頃 山上館エレベーター立抗工事
昭和41年頃 山上館エレベーター立抗工事

狼煙山遊園のろしやまゆうえん

狼煙山遊園

山上館の建っている狼煙山は、昔漁師の見張り番が鯨を見つけたときや、幕末に熊野灘を航行する黒船を発見した時、のろしを上げて急を告げたことからこの名前がつけられたと言われています。 海抜約80mの展望台からは熊野の山々をバックにした町並みと太平洋の360度の大パノラマが広がります。 展望台への遊歩道は、緑豊かな自然に囲まれています。 季節によって花々や草木をご覧いただけます。

狼煙山遊園

遙峰ようほうの湯

絶景に浸かる温泉 遙峰の湯

那智山、勝浦湾、勝浦の町並みが一望でき、夕暮れ時からは、紀伊の山に沈む夕日、勝浦の夜景など美しい光景をご覧いただきながら温泉をお楽しみ頂けます。

※山上館ご宿泊のお客様専用となります。

遙峰の湯

遙峰の湯

お料理

セットメニューとバイキング
極上ディナーで満ち足りたひと時を

山上館のレストランでのみ提供させて頂いているバイキング+ミニ会席、「ハーフバイキング」食べ放題のバイキングに前菜・お造り・陶板焼(鍋物)などもお召上がり頂ける特別セットです。

新鮮な旬の食材を使った会席料理南紀勝浦は近海まぐろの水揚げ日本一の町です。ご夕食には勝浦自慢のまぐろや地元で採れる旬の魚や野菜を使った会席料理をご用意。

お料理

お料理

お料理

お部屋

絶景に囲まれた山の上に建つ山上館で、
ゆったりと時間を忘れてお過ごしください

また、お部屋タイプは10畳の和室・角部屋・和洋室露天風呂付きスィートルーム・貴賓室など様々なお部屋がございます。ご滞在を心からおくつろぎいただけるための空間をお楽しみください。

お部屋の写真

お部屋の写真

ホテル浦島山上館は、吉野熊野国立公園の真っ只中にあり
那智の山々を眺めればそこは「世界遺産・紀伊山地の霊場と参詣道」の一部であり、
大海原を見渡せばそこは「日本遺産鯨とともに生きる」のまさに舞台となった海であり、
そしてこの海も山も含めて「南紀熊野ジオパーク」といった素晴らしい立地であります。