『帰るを忘れさせるほど』 大洞窟風呂 忘帰洞(ぼうきどう)

『帰るを忘れさせるほど』 大洞窟風呂 忘帰洞(ぼうきどう)

大自然が生みだした雄大な造形物

ホテル浦島が立っている土地は海底が隆起してできた岬です。於泥岩層の破砕帯が熊野灘の荒い風波に浸食された間口25メートル・奥行50メートル・高さ15メートルの天然洞窟です。
その洞窟の中に自然に温泉が湧出して熱い湯溜りとなり古くから沐浴に賞用されていたようです。
「熊野詣」の華やかだった平安末期には、熊野三山に参詣した貴族がこの温泉で旅の疲れを癒したと伝えられ南北朝の頃には北朝方の将石堂義慶が軍船を率いて、立籠もったことから、将石洞とも呼ばれていました。

忘帰洞の名は、当初で旅館営業が始められた大正末期、紀州藩の徳川頼綸公が来遊されて『帰るのを忘れさせるほど心地よい』と誉めて名付けられたのものです。
洞窟の中の温泉にひたりながら望む、日の出、洋上の月足下の磯をかむ荒波などまさにその名にふさわしい絶景として当館を訪れる皆様にお褒めを頂いております。

大自然が生みだした雄大な造形物

忘帰洞の様子をムービーでご覧いただけます。
※上のボタンを押すと再生されます。

大自然が生みだした雄大な造形物

Page Top